魂が悦ぶ出版講座 第2期 [tamayoro NO.2 new]

魂が悦ぶ出版講座 第2期 [tamayoro NO.2 new]

販売価格: 300,000円(税別)

(税込価格: 324,000円)

在庫あり
数量:

 

ご存知ですか? 今の時代、出版は決して特別なことではありません!!

 

 

幾つかの条件が整えば、誰にでも本を出すことはできるのです。

「そうは言っても、出版社に有力なコネもなければ、有名人でもない自分が出版するのは無理じゃない?」「そもそも、本を書くにもどこから手をつけていいかわからないし」「筆力や企画に自信がないし」とおっしゃる方、

安心してください!

 

 

当講座では、どんな初心者でも半年で1冊本が書き上がり、出版への道筋が立つようグループワーク形式でサポートしていきます。

企画書の立て方やベストセラーの仕組み等の伝授はもちろんですが、当講座いちばんの特徴は、「執筆を通して、魂が悦び、幸せを引き寄せる」ことを重視していること。

 

 

夢実現応援歌の藤由達藏と文章スタイリストの橋本弥司子の二人によって、作家に必要なメンタルと文章の両面からサポートを行います。

講座が終了する頃には、ぶれない自分軸が出来上がり、自立した作家生活を続けることも夢ではありません。

 

 

︎ジャンルは問いません!(小説、詩、評論、旅行記、ビジネス書etc.)

何も決まっていなくても大丈夫です。肝心なことは、あなたの魂が悦ぶのかどうか。

「自分の知識や経験や思いを本にまとめたい」「本を書いて、世に出したい」と思うならば、ぜひ、この機会にチャレンジしてください。

 

 

︎こんな方を対象としています

1.昔から本を出版したいと思っていた人

2.自分で書いた本が世に出るのを考えるとワクワクする人

3.出版や執筆の情報はあるが具体的にどうして良いかわからない人

4.単に売れれば良いのではなく、自分の思いを形にして商業出版したい人

5.知識も企画も文章力にも自信を持てるようになりたい人

など

 

 

講座は6ヶ月間。

毎月1回のスクーリング(新宿会場ほか)を軸に、ホームワーク、フェイスブックでの意見交換・情報共有を交えて進行します。

スクーリングでは、毎回、半日かけた集中ワークショップを予定しています。グループワークは、参加者同士の心地よい刺激が行動を加速させてくれます。貴重な機会なのでできるだけの出席を推奨しますが、もしも日程が合わない場合、補習ワークでサポートいたしますのでご安心ください。

 

︎費用について

 受講費用 300,000円(税別)  

 

半年間のワーク全て含めて、総額300,000円(税別)です。通常、企画書を書いて出版社に持ち込む代行だけで20万円から150万円が相場、執筆代行価格を乗せるとさらにかかることを考えると、自分自身で書く習慣が身に付き、企画書の意義と書き方のコツ、出版社へのアプローチ法までついてこの価格はかなり破格だと自信があります。

 

さらに特典として、

○講師、藤由のベストセラー『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』と『結局、「1%に集中する人」がすべてを変えられる』(5月下旬発刊予定)(サイン本)

○内観・瞑想に最適なヘミシンク メタミュージックCD 2枚

○個別メンタル・セッション 1回 2時間 無料券

○文章添削一回無料券 

○気分上々講座セミナー音声データ  

をプレゼント。総額で3万円以上になる太っ腹企画です。

 

 

【魂が悦ぶ出版講座】 第2期

期間:2016年1月〜2017年6月の6ヶ月間 スクーリングは全6回

(具体的日程は決定次第、反映していきます。)

 

第1回 人生の軸を発見する!・・・・  

第2回 作家軸を発見する!・・・・・

第3回 読者さんを知る!・・・・・・

第4回 企画を立てる!・・・・・・・

第5回 執筆する!・・・・・・・・・

第6回 作家として出発する!・・・・

 



各回 10時から18時を予定。第6回は、13時から18時を予定。ご参加者と相談の上決めさせていただきたいと存じます。

 すでに開催中ですが、途中参加であっても、別日程で第1回から順に補講をさせていただきますので、合流していただけます。

会場:新宿区内の会議室(お申し込みの方ご案内します。 回によっては変更の可能性あり。)

 

 

 

 

講師プロフィール

◎藤由達藏(ふぢよしたつぞう)

(株式会社Gonmatus代表 夢実現応援家)

1967年、東京都新宿区生まれ。対面コーチングやモチベーションアップ研修、創造性・才能開発のワークショップを提供している。1991年早稲田大学卒業後、文具・オフィス家具メーカーPLUSに入社。労働組合活動にコーチングの要素を取り入れ、組合員に対するセミナーの講師を務める。その他、都立高校PTA、業界団体からの講演依頼も多数。2013年9月、コーチとして独立。平本あきお氏が代表を務めるチームフローのコーチングを核に、各種心理技法や武術、瞑想法、労働組合活動、文芸・美術・音楽創作等の経験を統合し、「気分と視座の転換」を重視した独自のメソッドで夢の実現を応援している。

 

◎橋本弥司子(はしもとやすこ)

(あどわいず代表 文章スタイリスト エディトリアルライター、販促コーディネーター)

東京都杉並区生まれ。老舗百貨店で役員秘書、情報処理を担当したのち広告代理店に転職。流通、医療、美容、健康、官公庁、スピリチュアル等さまざまな業種を担当。一方で1993年警察庁の広報誌創刊プロジェクトに参加し、以後22年にわたり編集長として取材、執筆を行う。独立後は文章コンサルタントとして、企業の書類作成から手紙、ビジネス書まで多分野にて活動。著名人から一般人まで1000人以上にインタビューし、「本当の思いを文章にする」ことを大切にしている。